まぼろし探偵(1959年4月〜)

昭和・テレビ番組・まぼろし探偵

5216

『まぼろし探偵』ヒーローでした。私は再放送で見ましたが、すごくワクワクしたなあ^^ 電波ピストルや空飛ぶ自動車 “まぼろし号”が超かっこよかった。あ、吉永小百合さんも素敵です^^

38話・39話、謎の仮面博士

出典:youtube

 “『まぼろし探偵』は当初『少年探偵王』のタイトルで連載された。赤い帽子、黒マスク(目の周りを覆うのみ)、黄色いマフラーをトレードマークとする少年探偵が主人公。事件が起きるとさっそうとオートバイに乗って現れる。その正体は誰も知らないが、日の丸新聞の少年新聞記者である富士進。父親は警視庁警部であり、事件に関する情報は自然と耳に入ってくる。いざという時はまぼろし探偵に姿を変え、悪漢相手に二丁拳銃で立ち向かい、難事件を解決していく。
1959年からラジオとテレビでドラマ化され、3本の映画が製作されている。
ドラマや映画で主題歌が歌われ、少年ヒーローを想像して子どもたちの間でまぼろし探偵ごっこが流行った。
テレビドラマ版では拳銃の代わりに電波ピストルを使い、オートバイの代わりに空陸両用自動車「まぼろし号」に乗っている。”
◎引用:wikipedia