81年式、ホンダ イーハトーブ TL125SB

昭和・旧車・バイク・ホンダ・イーハトーブ TL125SB

144

 “雄大な自然の中をゆったりとツーリングすることを目的としたトレッキングバイク。ほとんどアイドリングの状態でも滑らかな走行ができる粘り強いエンジンを搭載。フロントに操縦安定性に優れたセミエア・サスペンションを採用し、シートを従来のトライアル車より低く、厚めにするなど、疲れない走行を可能とした。
※イーハトーブとは、詩人・童話作家であった宮沢賢治が、郷土岩手県の自然を愛し名づけた造語。”
◎引用:ホンダコレクションホール

HONDA IHATOVO TL125SB
This trekking bike for enjoying touring in the vast expanses of nature adopted a robust engine to provide smooth riding, even in a near-idling state. A semi-air front suspension offering high maneuverability and a seat cushion that was both lower and thicker than conventional trial machines enabled riders to enjoy riding without fatigue. * Ihatovo refers to an ideal world. This word was coined by Kenji Miyazawa, a poet and author of children’s literature, who loved his native province Iwate Prefecture in northern Japan.