64年式、トヨペット コロナ RT40型

昭和・旧車・トヨタ・64年式、トヨペット コロナ RT40型

586

◎撮影場所 トヨタ博物館

“RT20型で初期の苦しい立場から脱したコロナは着実に生産を伸ばし、1964年5月には総力をあげて新型RT40型を送り出した。4灯式ヘッドライトの新しいスタイルを持ち、最高速度も140km/hに向上、同時に開通したての名神高速道路での10万km連続走行公開テストなどハイウェイ時代をイメージする積極的な販売戦略を展開したのである。その結果、国内、輸出の両面で大成功を収めトヨタの主力となったばかりか、技術レベルを一気に国際水準まで引き上げることになった。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Toyopet Corona Model RT40
Thanks to the success of the second-generation model RT20, the Corona left its initial troubles behind and steadily expanded its production volume, leading to the release of the new RT40 model in May 1964 that represented an all-out effort of Toyota. Improvements such as new dual headlamp styling were added, and the top speed was increased to 140 km/h. As a sales strategy to promote an image of a car for the highway era, a 100,000 km endurance test was conducted publicly on the newly opened Meishin Expressway. As a result, the Corona became Toyota’s leading brand in both foreign and domestic markets, and it didn’t take long before the company’s technology level reached international standards.