60年式、日産 ダットサン 211型

昭和・旧車・日産・ダットサン 211型

98

◎撮影場所 トヨタ博物館

“使いやすく、経済的な実用車として評価が高かった小型自動車。当時、わが国でも間近となった高速道路時代をめざし、高速走行を意識したクルマづくりが進められた。ダットサンは別名“医者のダットサン”と呼ばれ、開業医が往診などに活用したということである。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Datsun Model 211
The Datsun Model 211 enjoyed a good reputation as a practical car that was easy to use and economical. In anticipation of the coming age of expressways, the car was designed to withstand extended high-speed driving. The car was also known as the “Doctors’ Datsun,” since it was often used by town doctors to make house calls.