72年式、フィアット ヌォーヴァ500L(Italy/FIAT)

昭和・旧車・フィアット・ヌォーヴァ500L

407

◎撮影場所 トヨタ博物館

“丸みのあるユーモラスなこの2代目のフィアット500は、イタリア語で500を意味するチンクエチェントと呼ばれた大ヒット作で、1957年~1977年まで生産された。リアエンジン・リアドライブの2ドア4人乗りで、キャンバス・トップを装備した小型乗用車で、初代500のトッポリーノと区別するためにNUOVA500(新500)と名付けられた。この車両は1969年から生産されたデラックス仕様である。”
◎引用:トヨタ博物館表示

FIAT Nuova 500L
This rounded and humorously designed second generation of the Fiat 500 was called the “Cinquecento”, which means 500 in Italian, and it was a huge hit for Fiat that was manufactured from 1957 until 1977. The Nuova 500 (new 500) name was attached to this model in order to help differentiate it from the original Fiat 500 “Toporino”. This compact passenger car was a two-door, four-seater with a rear engine, rear-wheel drive, and came equipped with a fabric roof. This particular model is the deluxe specifications model that was produced starting in 1969.