89年式、ユーノス ロードスター

昭和・旧車・ユーノス ロードスター

328

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “1989年5月北米でミアータとして先行販売され、同年9月に日本でも新たな販売網ユーノス店からユーノスロードスターとして発売された。
当時、小型オープン2シータースポーツカーは市場からほぼ死滅状態であったが、発売後瞬く間に世界中で大反響を呼び、以降各社からオープン2シーターが次々と発売された。
初代の開発コンセプト「人馬一体」はその後の2代目、3代目にも引き継がれている。”
◎引用:トヨタ博物館表示

First released in the North American market as the Mazda Miata in May 1989, the Eunos Roadster was placed on the Japanese market in September of the same year through the newly introduced Eunos dealership. While the market for small, sporty open 2-seaters was all but extinct at the time, the debut of the Eunos Roadster instantly caused a sensation throughout the world, prompting rival manufacturers to release their own open 2-seaters. In developing this car, Mazda adopted the unique design concept of seamlessly integrating the driver and the car, which was also applied to the second- and third-generation models.