60年式、シボレー コルベア(U.S.A/Chevrolet)

昭和・旧車・シボレー コルベア

247

◎撮影場所 トヨタ博物館

“欧州からの輸入コンパクトカーに対するGMの回答は、新設計の空冷エンジンを搭載した新型のリアエンジン車であった。他車が単に大型車のスケールダウン・モデルを投入したのに比べ、まったく新しいコンパクトカーとして設計されたコルベアは、ターボ・チャージャーを装着したモデルや、多彩なラインアップで人気を博した。しかしながら、初期モデルにおけるハンドリングの安全性の問題についてのラルフ・ネーダーによる告発キャンペーンの影響を受け、モデルとしては短命に終わった。この消費者運動の機運は、やがてアメリカ政府による安全性および環境に関する法律の制定へとつながった。”
◎引用:トヨタ博物館表示

The Chevrolet Corvair was a new rear-engine vehicle featuring a newly designed air-cooled engine and General Motor’s answer to growing demand for more compact automobiles. In comparison to other models, which were simply scaled-down versions of large-size vehicles, the Corvair was designed as a completely new compact car and gained popularity due to its very diverse line-up of models, including a model equipped with a turbocharger. However, the first generation model was short-lived due to a serious safety issue affecting the vehicle’s handling that was brought to public attention via a PR campaign by Ralph Nader. This helped generate more momentum for the consumer movement in the United States and prompted the U.S. government to pass some of the first significant legislation concerning automobile safety.