70年式、日産ブルーバード 1600SSS p510(70年、東アフリカ・サファリラリー総合優勝車両)

昭和・旧車・日産・ブルーバード・ 1600SSS p510(70年、東アフリカ・サファリラリー総合優勝車両)

6916

エドガー・G/ハーマン/ハンス・シュラー組【4号車】
“初代(310型系)、2代目(410型系)に続き、1967年(昭和42年)8月、ブルーバードは3代目となる510型にフルモデルチェンジを果たしました。この510型も歴代ダットサンと同様、国際ラリーの過酷な舞台で鍛えられ、そのポテンシャルの高さを実証していきます。そして、1970年(昭和45年)の第18回東アフリカサファリラリーにおいて、1600SSSをベースにしたラリーマシン(直列4気筒1595cc・130馬力)が、総合/クラス/チームの各部門を征し、国産車として初の3冠完全制覇を達成。日産自動車が同ラリーに初挑戦してから、8年目にしての快挙となりました。510型は、昭和の名優、石原裕次郎さん主演の映画「栄光への5000キロ」(1969=昭和44年7月公開)で、同ラリーを舞台に成長していく若きドライバーに扮する石原さんのマシンとして共演した「スクリーン上の名車」の一台として記憶されています。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

This machine was the overall winner of the 18th African Safari Rally in 1970. In the eighth year after its debut entry, it also was both class and team category champion. The debut of the third-generation Bluebird (510) was in August 1967. The 17th Safari Rally in 1969 served as the setting for the movie “5000km to the Glory”, starring Yujiro Ishihara.