71年式、ダットサン240Z ’71年第19回東アフリカサファリラリー優勝車

昭和・旧車・ダットサン240Z

9028

“スポーツカーであるフェアレディZは、その性能の高さを実証する意味も込めて、過酷なモータースポーツとして知られるラリーの世界へも挑戦しました。このクルマは、1970年(昭和45年)第18回サファリラリーで総合優勝を果たし、「ラリーの日産」を強く印象付けたブルーバード(510型系)の後を引き継いだモデルで、1971年の第19回同ラリーで、初出場ながら見事に総合優勝を獲得しました。また、2位にもフェアレディ240Zが入り、日産のサファリラリー2年連続制覇を1-2フィニッシュで飾りました。エンジンは、直列6気筒OHC・2393ccのL24型を210馬力にチューンナップしたものを搭載していました。2013年、日産自動車のボランティアグループ「名車再生クラブ」の手により、当時のダメージを残しつつフルレストアされ、走行可能な状態に戻りました。
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

Fairlady 240Z
The successor to the Fairlady, the Fairlady Z, had a closed, fast-back coupe-style body. It was launched in November 1969. The export model, the 240Z (150PS L24 engine) was added to the domestic lineup in November 1971. This commemorative car was the overall winner of the 19th Safari Rally in April 1971 (driven by E. Hermann / H. Schuller ).