怪奇大作戦(1968年9月〜)

昭和・テレビ番組・怪奇大作戦

10291

ウルトラセブンが終わって、すぐに始まった、番組でした。これは大人も一緒に楽しめる、少し落ち着きのある番組でしたねー。毎回、科学犯罪に立ち向かうストーリーが楽しみでした。平均視聴率が22%というから凄いですね!

怪奇大作戦内容
“現代社会に発生する謎の科学犯罪に挑戦する「SRI」(Science Research Institute、科学捜査研究所)のメンバーたちの苦闘と活躍を描く。毎回描かれる怪奇現象が、実は人間の手によって引き起こされた科学犯罪であり、これに立ち向かう正義の捜査チームという図式で構成されているのが特徴。同時に社会に疑問を投げかけるような重いテーマもある。怪獣や超人、超兵器が出現するわけではないが、未だに根強く多数の特撮ファンを引きつけている作品である。”
◎引用:wikipedia