61年式、ロータス エリート(U.K./Lotus)

昭和・旧車・外車・ロータス エリート

641

◎撮影場所 トヨタ博物館

“オールFRP製のモノコック・ボディを持ったロータス初のGTカーとして、1957年ロンドン・モーター・ショーでデビューした。美しいスタイリングとcd値0.29と空力特性に優れ、軽量なボディと高出力のエンジンによる高い動力性能、卓越した操縦性で、世界のスポーツカー愛好家を魅了した。ル・マン24時間レースで6回のクラス優勝を遂げた。FRPモノコック・ボディの生産性、こもり音、過大なオイル消費などから販売は延びず、1963年までの累計生産台数は998台だった。”
出典:トヨタ博物館表示

Making its debut at the 1957 London Motor Car Show, this was the first GT car from Lotus and it featured monocoque construction that was entirely made of glass-fiber-reinforced plastic (GFRP).The vehicle also featured beautiful styling and advanced aerodynamics that gave it a very low drag coefficient of 0.29. The lightweight body and high-output engine provided the vehicle with high-power performance and excellent maneuverability that captivated sports car enthusiasts around the world.As a result, this vehicle won its class at the 24 Hours of Le Mans 6 times. Total production volume of this vehicle up until 1963 was just 998 units due to the difficulty of producing the FRP monocoque body, a booming noise, and excessive oil consumption.