76年式、トヨペット コロナ RT102型

昭和・旧車・トヨペット コロナ RT102型

516


◎撮影場所 トヨタ博物館

“「予防安全」をキーワードに、前後で衝撃を効果的に吸収するボディ構造や一部車種には、衝撃吸収バンパー、異常を知らせる「OKモニター」など、安全性へのさまざまな対策がを取り入れ開発された。また1975年2月からは厳しくなった排出ガス規制に対応するため、触媒方式の排ガス浄化システム「TTC-C」を採用した。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Developed with a particular focus on preventive safety, the Toyopet Corona Model RT incorporated a number of safety features, including a body structure that effectively absorbed the impact of front and rear collisions, shock-absorbing bumpers, and an “OK monitor” that alerted the driver to any anomalies detected. In February 1975, the TTC-C catalytic converter was installed to meet tighter emission control standards.