65年式、ジャガー Eタイプ ロードスター( U.K./ Jaguar)

昭和・旧車・外車・ジャガー Eタイプ ロードスター

782

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1961年ジュネーブショーで華々しいデビューを飾ったEタイプはジャガーXKシリーズの後継としてジャガーのスポーツラインナップを担う車として開発され、美しいスタイル、高性能、割安な価格でアメリカを中心にヒットした。15年間で7万台以上が生産された。スタイルの特徴であるロングノーズ、ショートデッキは後のスポーツカーに大きな影響を与えた。ボディタイプはオープン2シーターのロードスターとクーペの2種類がある。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Jaguar E-Type Roadster
The Jaguar E-Type Roadster was developed to be the vehicle that would carry on the legacy of the Jaguar sports car line-up and be the successor to the Jaguar XK series when it made its spectacular debut at the 1961 Geneva Motor Show. Its combination of beauty, high performance, and competitive pricing made it a hit, especially in the United States.Over 70,000 E-Type vehicles were manufactured over the 15 years. Its signature styling, with a long nose and short rear deck, became a major influence on many other sports cars that followed it. The E-Type had two main body types: an open, two-seat roadster and a coupe.