63年式、ダットサン ブルーバード P312型

昭和・旧車・ダットサン ブルーバード P312型

747

◎撮影場所 トヨタ博物館

“日産自動車は1959年7月、110型からつづくダットサンセダン210系をモデルチェンジした310型、つまり初代ブルーバードを発表する。長期にわたる市場調査から生まれた新型は210型の堅牢さを受けつぎながら多くの新技術やエレガントなスタイルを採用。またたく間に小型車市場を席巻した。大きな特徴は世界でも初めて女性仕様のファンシーデラックスを設定して女性にも大きなアピールをしたことであろう。この312型は1962年にマイナーチェンジを受けた最後のモデルで、63年には410型とバトンタッチすることになる。”
◎トヨタ博物館表示

Datsun Bluebird Model P312
In July 1959, Nissan radically redesigned the 210 series of Datsun sedans that succeeded the 110, producing the model 310 (better known as the first-generation Bluebird). Capitalizing on years of market research, the new model featured innovative technologies and elegant styling with the robustness of the model 210, quickly dominating the small car market. Its Fancy Deluxe grade model deserves special mention, as it was the world’s first car specifically designed to appeal to female motorists. The last of the 310 series with minor modifications was released in 1962 as the model 312, which gave way to the model 410 the following year.