59年式、キャデラック エルドラド ビアリッツ(U.S.A/GM)

昭和・旧車・外車・キャデラック エルドラド ビアリッツ

6419

◎撮影場所 トヨタ博物館

“世界を代表する高級車ブランドとして知られるキャデラックの中でも、この車は1950年代のアメリカを象徴する車として有名。クロームメッキを多用したバンパー一体グリル、巨大なテールフィン、ジェット機の噴射口をモチーフとしたテールライトなど大胆なデザインと、パワーステアリング、パワーウィンドウ、パワーシート、電動コンバーチブルトップなど当時の最新技術を数多く取り入れていた。1948年型キャデラックに初めて採用されたテールフィンは、1959年にその頂点を極めると、次第に小さくなり60年代半ばには姿を消した。”
◎トヨタ博物館表示

The name Cadillac is well known all around the world as a luxury car brand and within this brand the Cadillac Eldorado Biarritz is famous as a vehicle that symbolizes the United States back in the 1950s. Its bold design features an integrated front bumper and grille with heavy use of chrome plating, huge tail fins, and tail lights that look like the engine exhaust nozzles from a jet aircraft. The vehicle also featured many of the state-of-the-art technologies of that time, with many “Power Equipments”such as power steering. The distinctive tail fins were first adopted on a 1948 model year Cadillac and grew to their peak size on the 1959 model before gradually shrinking in size and then disappearing altogether by the mid-1960s.