80年式、ヤマハ RZ250(ヤマハ展示車)

昭和・旧車・バイク・ヤマハ RZ250

8231

“2ストロークエンジンの魅力を凝縮したピュアスポーツ。リッター当たり140馬力の高出力エンジン、ヤマハ独自のモノクロスサスペンション、軽量キャストホイール等による圧倒的な性能とロードレーサーTZ250を思わせる精悍なスタイリングが多くのファンを魅了した。“ナナハン(750ccクラスの通称)キラー”と呼ばれた兄弟モデルRZ350とともに4ストロークに移行しつつあった市場のトレンドを一変させ、後の“レーサーレプリカ”ブームの先駆けとなった。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ

This pure sport model provided an exciting experience of the 2-stroke engine at its very best. It featured a powerful engine pumping out 140 hp per liter of displacement, Yamaha’s exclusive Monocross suspension and lightweight cast wheels for incredible performance, and the styling suggestive of the TZ250 racebike won it many fans. Together with its RZ350 sister model, it helped reverse the market trend of decreasing 2-stroke engine development and the shift toward 4-stroke models, pioneering the later boom in racer replica models.