78年式、ヤマハ YZR500(0W35K)

昭和・旧車・バイク・ヤマハ YZR500

126

“ヤマハ独自の新機構YPVS(Yamaha Power Valve System)を初めて装備したGP500ファクトリーマシン。排気タイミングをコントロールしてトルクの谷を解消する可変式排気バルブによって劇的なラップタイム短縮を実現し、デビューした’77年シーズン終盤のフィンランドGP、チェコスロバキアGPで2連勝。翌78年にはケニー・ロバーツとともに11戦中4勝をあげ、世界GP500・3連覇への第一歩を踏み出した。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ

This was the first GP500 factory machine to feature the Yamaha Power Valve System (YPVS). The variable exhaust valve controlled exhaust timing and eliminated torque valleys in the powerband, which translated into dramatic drops in lap times. Debuting late in the 1977 season, Johnny Cecotto rode this YZR500 to consecutive wins in Finland and Czechoslovakia. In 1978, Kenny Roberts rode it to four victories to win his first of three GP500 championship titles.