港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)1975年

昭和・70年代邦楽・ダウンタウンブギウギバンド・港のヨーコヨコハマヨコスカ

4112

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの4作目のシングルで、75年の大ヒット曲でした。この曲は阿木曜子さんの作詞家としてデビュー曲。一寸前なら憶えちゃいるが、一年前だとチトわからねエなあ・・・いきなり掴んでましたね!

◎作詞:阿木燿子
◎作曲:宇崎竜童

一寸前なら憶えちゃいるが
一年前だとチトわからねエなあ
髪の長い女だってここにゃ沢山いるからねエ
ワルイなあ他をあたってくれよ
アンタ あの娘の何んなのさ!

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

半年前にやめたハズさアタイたちにゃアイサツなしさ
マリのお客をとったってサそりゃもう大さわぎ
仁義を欠いちゃいられやしないよ
アンタ あの娘の何んなのさ!

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

ハマから流れて来た娘だね
ジルバがとってもうまくってよお
三月前までいたはずさ小さな仔猫を拾った晩に
仔猫といっしょにトンズラよ
どこへ行ったか知らねエなあ
アンタ あの娘の何んなのさ!

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

横須賀好きだっていってたけど
外人相手じゃカワイソーだったねエ
あんまり何んにも云わない娘だったけど
仔猫と話していたっけねエ
前借り残したまんま一と月たったらおサラバさ
アンタ あの娘の何んなのさ!

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

たった今まで坐っていたよあそこの隅のボックスさ
客がどこかをさわったって店をとび出していっちまった
ウブなネンネじゃあるまいしどうにかしてるよあの娘
アンタ あの娘に惚れてるね

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ