下町の太陽(唄:倍賞千恵子)1961年

昭和・歌謡曲・倍賞千恵子・下町の太陽

1961


出典:youtube

倍賞千恵子さん、うーんいいですねー!彼女の唄は、ずーっと聴いていたい。なんとも言えない魅力。

◎作詞 横井 弘
◎作曲 江口浩二

1 下町の空に かがやく太陽は
よろこびと 悲しみ写す ガラス窓
心のいたむ その朝は
足音しみる 橋の上
ああ太陽に 呼びかける

2 下町の恋を 育てた太陽は
縁日に 二人で分けた 丸いあめ
口さえ聞けず 別れては
祭りの午後の なつかしく
ああ太陽に 涙ぐむ

3 下町の屋根を 温める太陽は
貧しくも 笑顔を消さぬ 母の顔
悩みを夢を うちあけて
路地にも幸の くるように
ああ太陽と 今日もまた

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!