我が心のピンボール(唄:大瀧詠一)1981年

昭和・80年代邦楽・大瀧詠一・A LONG VACATION・我が心のピンボール

10962

大滝詠一さんのあの名盤『A LONG VACATION』(ア・ロング・バケイション)のA面のラストに収録された、ノリの良い、このアルバムにしては少しハードな曲、『我が心のピンボール』。いいですねー。つうか、このアルバムの曲、全部いいですね^^


出典:dailymotion

◎作詞:松本隆
◎作曲:大瀧詠一

はにかみやが愛の唄を作り
風の部屋でカセットをまわした
観客は君だけ 相手はなしさ
それは恋の TILT はしゃぎすぎ
しくじったのはぼくの夢
心がカタカタ泣いてるよ

淡い髪に指を伸ばした時
「今夜 髪を洗い忘れたから…」
柔らかな背中の冷たい拒絶
それは恋の TILT 忘れても
想い出せば苦笑い
心がカタカタ泣いてるよ

好きと君が口に出さなくても
気持ちだけは分り合えるなんて
あれ以来誰にも心許せない
それは恋の TILT ぷっつりと
逢うことさえ避けてたね
心がカタカタ泣いてるよ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!