夢一夜(唄:南こうせつ)1978年

昭和・70年代邦楽・南こうせつ・夢一夜

8358


出典:youtube

78年、“南こうせつ”さんの『夢一夜』。これはなんとも美しい曲でしたあ。作詞は阿木耀子さん、資生堂の『78年冬のキャンペーンソング』にもなり、モデルの小林麻美さんの妖艶な着物姿ととてもマッチしていました!

◎作詞:阿木燿子
◎作曲:南こうせつ

素肌に片袖 通しただけで
色とりどりに 脱ぎ散らかした
床に広がる 絹の海

着ていく服が まだ決まらない
苛立たしさに 口唇かんで
私ほんのり 涙ぐむ

あなたに逢う日のときめきは
あこがれよりも 苦しみめいて
ああ 夢一夜 一夜限りに
咲く花のよう 匂い立つ

恋するなんて 無駄なことだと
例えば人に 言ってはみても
あなたの誘い 拒めない

最後の仕上げに 手鏡みれば
灯の下で 笑ったはずが
影を集める 泣きぼくろ

あなたに逢う日のときめきは
歓びよりも せつなさばかり
ああ 夢一夜 一夜限りと
言いきかせては 紅をひく

あなたを愛した はかなさで
私はひとつ大人になった
ああ 夢一夜 一夜限りで
醒めてく夢に 身をまかす

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!