DON'T MISS

スパイバッグ(1972年)

グリコの懸賞って魅力的だったですよねー。 65年のおしゃべり九官鳥、 67年のせっかちくん、おとぼけくん 68年のせっかちケメコ。。。 そしてこれはグリコプリッツの懸賞で、 スパイバッグが当たるってのがありました。 これも欲しくて欲しくて、 でも当たらなかったなあ^^

TECHNOLOGY

ブルースリー

トニー谷

LATEST NEWS

三波伸介さんの魅力溢れる「お笑いオンステージ」NHK(1972年4月〜)

子どもから親のイメージを聞きながら似顔絵を描く、という減点ファミリーが大好きでした。 毎回、笑わせてくれましたし、とても絵心のある方でしたね^^ 番組は10年間の長寿番組。 こんな番組今ではないですよね、もっと続いてほしかったぁ。。。 三波伸介さんは、1982年12月、52歳没。ご冥福をお祈りいたします。

アグネスラム

1975年ごろ、 突然ブラウン管(古っ)笑 に現れて、瞬間で、 日本の男たちをメロメロにしたアグネス。 いやあ、可愛かった!!(その突然現れたテレビCM: 後のテレビ番組でCMが紹介されている動画) https://dailymotion.com/video/x1330ua (ハウスフルーチェのCM) [youtube https://www.youtube.com/watch?v=Q9AV_R_ZbPU] 出典:youtube

アリナミンAのCM・鍛えれば全身バネになる(1981年)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=QC3jINUqsFk?rel=0&controls=0&showinfo=0] 出典:youtube1981年、アリナミンAのCM。俳優名高達郎さんが挑戦する「超人シリーズ」の中の、物凄いマサイ族のジャンプ、こりゃ、トンんでもないジャンプ力でしたねー。
[td_block_social_counter custom_title=”STAY CONNECTED” facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]

POPULAR ARTICLES

51年式,カイザーフレーザー ヘンリーJ(U.S.A/Kaiser Frazer)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=BNz8-4M6tis] ◎撮影場所 トヨタ博物館 “「カイザー・フレーザー社」の創設者の一人、ヘンリー・カイザー氏の「デザインに優れ、乗り心地が良く、今まで新車を諦めていた人々でも購買可能な経済的な自動車を作りたい」という熱意に基づき、1950年に発表された5人乗りの2ドア小型セダン。必要最低限の装備しか持たないため、トランクリッドは無くリアシートを折りたたむことで荷物の出し入れを行いました。車名は、ヘンリー・カイザー氏の「ヘンリー」に由来。ホイールベース2540mmのコンパクトな車体に、スタンダードには4気筒エンジン、デラックスには6気筒エンジンが搭載されました。発表当時のデラックスは1,342ドル。1951年型の生産台数は総計81,942台でした。 ヘンリーJは日本でも、三菱重工業から分割された東日本重工業でノックダウン生産され東日本カイザーフレイザーにより販売されました。 これは戦後日本で初の外国製乗用車の組み立てとなり、その後のニッサン、日野、いすゞのライセンス生産に先立つものでした。” ◎引用:トヨタ博物館表示

ウッディー・ウッドペッカー(1961年9月〜)

ウッドペッカー、スピード感に飛んだアニメでしたねー。トムとジェリーもそうですが、すごい面白いわけじゃなんだけど、なんだかどんどん引き込まれていったなあ^^ “過去にワーナーでバッグス・バニー作品などを手掛けていたベン・ハーダウェイのストーリーボードにより、ウッディー・ウッドペッカーは1940年11月25日の『キツツキとパンダ一家』(原題:Knock, Knock)でデビューした。ウッドペッカーの特徴は、「ゥアアアーアー、ゥアアアーアー、ゥアアアアアアアアアアアアア!」という甲高い陽気な笑い声である。初期のウッドペッカーは血走った目と鋭い歯を特徴とし、凶暴性を併せ持つキャラクターだったが、後期の作品になるとその性格やキャラクター設定は温和で親しみやすく可愛らしいイメージに変更されていった。鳴き声もスタッフォード版では「ゥエエエーエー」と聞こえるような微妙な発音である。” ◎引用:wikipedia [youtube https://www.youtube.com/watch?v=msTUX2FL7Gc] 出典: youtube ムービーコン(MovieCon) 様 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=X82Dz0HI-ag] 出典: youtube ムービーコン(MovieCon) 様

82年式、ヤマハXV750E

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=R6xVraFB79w?rel=0] ◎撮影場所 ヤマハコミュニケーションプラザ “アメリカンスタイルのクルーザー「XV750Special」をベースに開発されたスポーツツアラー。75度V型2気筒エンジンとモノコック構造のプレスバックボーンフレームはそのままに、足まわりの設定やライディングポジションを最適化。また長距離走行に備え、専用設計のグリス封入式フルカバード・チェーンドライブ機構、エアダンパー付き前後サスペンションなども採用している。” ◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ表示

LATEST REVIEWS

青空にとび出せ・ピンキーとキラーズ(1969年3月〜)

人気絶頂のピンキーとキラーズ主演の楽しい番組でした、欠かさず見てました。ド派手なキャンピングカーで各地を回る旅、とてつもなく憧れたことを覚えています^^ のちのテレビ番組での番組紹介 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=Dsa7I7f27SA] 出典:youtubeあらすじ “タバコの投げ捨てが原因でボヤ騒ぎが起こり、建て替えが決まったアパートの住人、ピンキー、エンディ、ジョージ、パンチョ、ルイスの5人は、立ち退きを迫る大家との攻防戦の末、1人20万円ずつの立退き料を貰うとの事で話はまとまった。しかし、それぞれ将来の生活に不安を抱いていた。 ある日、5人はふと立ち寄ったキャンピングカーの展示会で一台のキャンピングカーに目をつけ、アパートの立退き料を出し合いキャンピングカーを購入。5人はそれぞれの勤め先を辞め、ある壮大な夢をかなえる準備を始める。その壮大な夢とは、「わずらわしい事など何もない、自由で楽しい、平和な5人だけの独立国を造ろう」というもの。 いよいよアパート取り壊しの日。解体されたアパートのがれきの中から、派手なペイントを施した一台のキャンピングカーが現れた。通称「ピンキングカー」。あ然と見送る大家をよそに、5人を乗せたピンキングカーは颯爽と走り出し東京を出発。一路、独立国建設へ向けて、金儲けと冒険の旅が始まった。 旅の過程で色々な騒動に巻き込まれたり、様々な人たちとの出会いや別れに触れながら、笑いあり、涙あり、歌ありの珍道中を繰りひろげて行く。 ” ◎引用:wikipedia

72年式、スズキGT380

RECENT COMMENTS

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!