☆番外編(クラシック)32年(昭和07年)式、ダットサン11型フェートン

1624


◎撮影場所 トヨタ博物館

 “ダットサンといえば、かつて日産自動車(株)の小型車ブランドとしてあまりにも有名だったが、この車は日産製ではない。日産がダットサンの生産を始めたのは1933年からで、それは同社の前進・戸畑鋳物(株)がダット自動車製造(株)からダットサンの製造権を獲得してからだ。このダットサンは1932年にダット自動車で生産された150台のなかの1台で、現存する最古のダットサン。ヘッドランプに会社名の刻印がある。”
◉引用:トヨタ博物館表示

Although Datsun is well known as the former small car brand of Nissan, this Datsun here was not produced by Nissan. The company did not start making the Datsun until 1933, when Tobata Casting Company (Nissan’s predecessor) acquired the manufacturing rights to the car from DAT Jidosha Seizo Co., Ltd. The Datsun in our collection is one of the 150 units produced by DAT Jidosha in 1932 and is one of the earliest Datsuns in existence today. The company’s name is stamped on the headlamp.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!