☆番外編(クラシック)11年(明治44年)式.ドゥローニー ベルビユ タイプHB6L(France/Delaunay)

704

◎撮影場所 トヨタ博物館

“機関車や船舶のボイラーを造っていたメーカーとして有名であったドゥロー二ーは、1904年のパリサロンで自動車を発表。特徴的な丸型のラジエーターは人々の注目を集め、ベンツ型やルノー型とともに第1次世界大戦までひとつの流行として多くのメーカーに影響を与えることになった。また1909年から採用されたコンパクトで静かな6気筒エンジンは信頼性が高く、豪華なボディを架装してロシアのニコライⅡ世など世界の名士からも支持されたのである。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Delaunay-Belleville Type HB6L
Formerly a manufacturer of boilers for ships and locomotives, Delaunay-Belleville announced its first automobile at the Paris Motor Show (Salon de l’Automobile) in 1904. The car’s circular radiator grille instantly caught people’s attention, greatly influencing pre-WWI radiator designs along with those of Benz and Renault. The compact and quiet 6-cylinder engine adopted in 1909 was highly reliable, and the vehicle with gorgeous coachwork won the patronage of many world-class celebrities, including Nicholas II of Russia.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!