☆番外編(クラシック)24年(大正13年)式.オースチン セブン “チャミー”(U.K./Austin)

947

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “必要なものはすべて揃っているが、それ以外のものは何もない。つまりサイズこそ小さいが大型の実用車と同じ装備や機構を備えたオースチン・セブンこそ英国人にとってのフォードであり、まさに大衆のための自動車であった。1923年から39年までの17年間に約25万台も量産されたロングセラーとしてその信頼性が高く、わが国へも上陸。戦前のオールドダットサンとともに親しまれた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

The Austin Seven offered no frills, but came with all the necessary equipment and was similar in construction to the larger models, while being much smaller. A car built for the masses, the Austin Seven was a British equivalent of the Ford. In the 17-year period from 1923 to 1939, approximately 250,000 units were produced. This very reliable, long-selling model was also imported to Japan and was as popular as the prewar Datsuns.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!