☆番外編(クラシック)37年(昭和12年)式.コード フロントドライブ モデル812 (U.S.A/Cord)

昭和・旧車・クラシックカー・コード フロントドライブ モデル812

905

◎撮影場所 トヨタ博物館

“若き実業家エレット・ロバン・コードは、1924年にオーバン、1927年にデューセンバーグを相次いで買収。1929年にみずからの名を冠した画期的なFF車”コードL-29″を発売する。しかし売り上げ不振のため生産中止、810は1935年に新しく設計され、その発展型が812になる。812はラジエーターをエンジンルームに収め、リトラクタブルヘッドライトを持つといった先進的なメカニズムを備えていた。L-29から続くFF方式や電気式のバキュームギアシフトなど、エンジニアやデザイナーが理想を現実としたのがコードなのかもしれない。”
◎引用:トヨタ博物館表示

As a young entrepreneur, Errett Lobban Cord acquired Auburn in 1924 and Duesenberg in 1927. Backed by these resources, he went on to release the epoch-making front-wheel-drive car bearing his name in 1929. Sales of the Cord L-29 were unimpressive, however, and production had to be suspended. An improved model was released in 1935 as the Cord 810, which was followed by the enhanced model 812. In the tradition of the L-29, the 812 employed a front-engine, front-wheel-drive configuration, as well as many advanced features including a radiator positioned in the engine room, retractable headlights, and an electrically controlled vacuum shift gearbox. Perhaps what made the Cord truly stand out was the enthusiasm of its engineers and designers in pursuing their ideals.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!