松鶴家千とせ

昭和・人物・松鶴家千とせ

12126

「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜。。」
とてつもなく流行りましたね〜^^

“本来はジャズ歌手志望だったこともあって、ジャジーなスキャットに、民謡や童謡などを融合させた独特の和風メルヘンの世界を築き、「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜」のフレーズで、大人気になった。1974年頃「ヘェヘェヘェ〜イ!、シャバダバダディ〜!、イェーイ!。俺が昔、夕焼けだった頃、弟は小焼けで、父さんは胸やけで、母さんは霜やけだった。」と、哀愁を込めて歌いかける『夕焼け小焼け』の替え歌の漫談で注目を浴びた。”
◎引用:wikipedia

(88年ですから、随分後の服部セイコーのCM)
出典;youtube

関連記事

安西マリア

アグネスラム

柳家金語楼

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!