57年式、ヤマハ YD-1

昭和・旧車・バイク・ヤマハYD-1

2149

“「日本人の250」をキーワードにオリジナリティあふれるデザインを追求したモデル。日本人の体格に合わせたコンパクトで乗りやすいボディサイズと、躍動感あふれる「ダイナミック・デザイン」を実現した。また、ヤマハ発動機では初となる2気筒エンジンを搭載。実用車が中心だった当時の日本のモーターサイクル界にスポーツという新しい風を吹き込んだ。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ表示

YD-1
This is a model born out of a pursuit of design originality. Taking “a 250cc for the Japanese” as its key words, it was given a compact and easy-to-ride body size that fit the Japanese physique. It also embodied a “dynamic design” that gave the impression of powerful dynamism in any situation. It mounted Yamaha Motor’s first 2-cylinder engine. In the world of Japanese motorcycles that was dominated at the time by utility models, the YD-1 brought a new style of sports motorcycling to the market.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!