75年式、ホンダ シビック CVCC 1200GL 3Door

昭和・旧車・ホンダ・シビックCVCC 1200GL

11204

◎撮影場所 トヨタ博物館

“昭和40年代は経済の発展やモータリゼーションの急激な進展により、大気汚染や交通事故など様々な弊害が出てきた。このような中、1971年米国でのマスキー法の成立に伴い、日本でも同様の排出ガス規制が実施された。当時この規制は大変厳しいもので、達成は不可能と言われていたが1973年、こちらのシビックがCVCCエンジンで世界に先駆けて基準を達成した。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Honda Civic CVCC 1200GL 3Door
From the mid-1960s onwards, rapid economic growth and progress in motorization began to take their toll in the form of air pollution and rising traffic accident numbers. Following the introduction of the 1971 Muskie Act in the U.S., Japan adopted similar emission control measures. These regulations were so stringent that many considered them unenforceable, but the Honda Civic with its CVCC engine managed to clear the new standards in 1973, ahead of any of its rivals worldwide.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!