65年式、ダットサン ブルーバード 411型

昭和・旧車・日産・ダットサン・ブルーバード 411型

2807

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1963年に登場した2代目ブルーバード。「走るベストセラーに優美なデザイン」がキャッチフレーズで、日産初のモノコック・ボディ、ピニンファリーナによる美しいヨーロピアンデザインが特徴だった。しかし、特徴であった尻下がりのシルエットが市場では不評で、ライバルであったコロナに販売台数で初めてリードを許すこととなった。1966年のマイナーチェンジではリアエンドのデザインが改められた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Datsun Bluebird Model 411
The second generation of the Bluebird appeared in 1963. The advertising copy at that time declared it, “An elegant design for a best-selling car”, and it was characterized by Nissan’s first monocoque body, as well as the beautiful European-inspired design by Pininfarina. However, the characteristic vehicle silhouette with its lower rear end proved to be unpopular with Japanese consumers, allowing its Toyota Corona rival to take the lead in sales for the first time. In 1966 a facelifted model that improved the rear end shape was launched.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!