81年式、フェアレディ280Z-T 2by2( HGS130)

昭和・旧車・日産・フェアレディ280Z-T 2by2( HGS130)

6606

 “2代目フェアレディZとなるS130型は、1978年(昭和53年)8月に誕生しました。初代フェアレディZ(S30型)のロングノーズ&ショートデッキスタイルのコンセプトを継承しつつ、ボディをややワイド化することで室内スペースを拡大しています。さらに、全車に4輪ディスクブレーキを採用するなど、より快適で使いやすいスポーツカーとして進化を遂げました。L型エンジンの直列6気筒OHCには、2000ccと2800ccの2タイプがあり、この1981年式280Z-Tは、最高出力155馬力のL28E 型エンジンを搭載し、エアコンやパワーウインドウ、アルミホイールが標準装備される最上級グレードでした。”
◉引用:日産ヘリテージコレクション表示

Building on the original S30 concept, the second-generation Z (S130), launched in August 1978, was a sports car that aimed to offer even more in terms of comfort and ease of use. All models were now equipped with 4-wheel disc brakes. The 280Z was available as the Z-L and Z-T; the latter was equipped with air conditioner, power windows and aluminum wheels as standard.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!