80年式、日産 プレジデント ソブリン

昭和・旧車・日産・プレジデント ソブリン

5989

 “プレジデントは、日産がもつ最高の技術と品質を誇る最高級セダンとして、前身に当たる50型セドリックスペシャルの発展形として1965(昭和40)年10月に初代モデル(150型)が誕生。1973(昭和48)年に250型へチェンジしました。 このクルマは、1977年(昭和52年)に53年排ガス規制への適合化を図り、型式名を252型とした車両の1980年(昭和55年)製です。最上級グレードとして設定された「ソブリン」は、その大きく威厳のあるスタイルに、V型8気筒OHV・4400ccのY44型エンジン(最高出力200馬力)を搭載。公用車やハイヤーなどとして、多くのVIPの方々を広々とした後席へお迎えし、快適な移動を提供しました。”
◎引用:日産ヘリテージコレクション表示

As Nissan’s flagship car, this high-quality sedan boasted the best in technology and luxury. The H252 indicates that it was derived from the Cedric Special (50), launched in August 1963. The 250 was launched in 1973, and the 252, which conformed to 1978 exhaust emission regulations, was launched in August 1977. The top-grade Sovereign was equipped with an 4,400cc V8 engine.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!