60年式、三菱 シルバーピジョン C-111(210cc)

昭和・旧車・バイク・三菱 シルバーピジョン C-111

1248


◎撮影場所 三菱オートギャラリー

 “スクーター全盛期にいっそうのデラックス化が進み、従来の開発思想を一新した大型スクーター。このためエンジンはオーバーヘッドバルブ(OHV)式とし、駆動方式には初めてドライブシャフトを採用した。最高速度も95km/hと大幅に向上した。”
◎引用:三菱オートギャラリー表示

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!