70年式、ホンダ ドリーム CL450

昭和・旧車・バイク・ホンダ ドリーム CL450

1641

“’67年より輸出専用に生産されていたCLシリーズの最大排気量車。DOHC2気筒エンジンはトルク重視の43PSに設定。迫力あるスタイルで注目された。” ◎引用:ホンダコレクションホール表示

HONDA DREAM CL450 The CL450 was first produced in 1967 for the export market and featured the largest displacement engine in the CL series. The DOHC twin-cylinder engine pumped out a torquey 43PS, and its high-impact styling made it a real attention getter.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!