87年式、ヤマハ SDR

昭和・旧車・バイク・ヤマハ SDR

1410

“高剛性と軽量化をハイレベルで両立したトラスフレームに、吸気脈動を平滑化するYEIS、排気効率を高めるYPVS、レスポンスを高めるフラットバルブキャブレターなどを採用したクランク室リードバルブ吸気の200cc・水冷・単気筒エンジンを搭載。軽快な操縦性と運動性能、強烈な加速感といった2ストロークスポーツならではの魅力を凝縮し、常用域で楽しめるマシンに仕上げた。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ

This model featured a 200cc liquid-cooled single-cylinder engine with a crankcase reed valve intake, YEIS to smooth out intake pulse, YPVS to heighten exhaust efficiency, a flat valve carburetor for better response and more, mounted on a truss frame designed for a high-level balance of both rigidity and light weight. It was a machine packed full of the strong points of a 2-stroke sport bike such as light handling, agility and powerful acceleration to provide plenty of riding enjoyment in the practical-use range.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!