DON'T MISS

巨人の星(1968年3月〜)

もうたまらなく好きで、巨人の星の日は朝からワクワクそわそわでした!スポ根ものの代表的なテレビ漫画でしたね〜。星飛雄馬、花形満、伴宙太、左門豊作、オズマ。。。魔送球、大リーグボール、、ああ、蘇る! (OP) [youtube https://www.youtube.com/watch?v=-10trdg06YI]出典:youtubeあ、そしてこのシーン、衝撃的だった^^ https://dailymotion.com/video/x58hznq 出典:dailymotion“主人公の星飛雄馬は、かつて巨人軍の三塁手だった父・一徹により幼年時から野球のための英才教育を施される。プロ野球の読売ジャイアンツに入団後、ライバルの花形満や左門豊作らを相手に大リーグボールを武器に戦う。いわゆるスポ根野球漫画の走りともいえる作品。” ◎引用:wikipedia 巨人の星コンプリートBOX Vol.1  amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="hime112909-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="巨人の星";amzn_assoc_theme ="light";...

LATEST NEWS

三波伸介さんの魅力溢れる「お笑いオンステージ」NHK(1972年4月〜)

子どもから親のイメージを聞きながら似顔絵を描く、という減点ファミリーが大好きでした。 毎回、笑わせてくれましたし、とても絵心のある方でしたね^^ 番組は10年間の長寿番組。 こんな番組今ではないですよね、もっと続いてほしかったぁ。。。 三波伸介さんは、1982年12月、52歳没。ご冥福をお祈りいたします。

アグネスラム

1975年ごろ、 突然ブラウン管(古っ)笑 に現れて、瞬間で、 日本の男たちをメロメロにしたアグネス。 いやあ、可愛かった!!(その突然現れたテレビCM: 後のテレビ番組でCMが紹介されている動画) https://dailymotion.com/video/x1330ua (ハウスフルーチェのCM) [youtube https://www.youtube.com/watch?v=Q9AV_R_ZbPU] 出典:youtube

アリナミンAのCM・鍛えれば全身バネになる(1981年)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=QC3jINUqsFk?rel=0&controls=0&showinfo=0] 出典:youtube1981年、アリナミンAのCM。俳優名高達郎さんが挑戦する「超人シリーズ」の中の、物凄いマサイ族のジャンプ、こりゃ、トンんでもないジャンプ力でしたねー。
[td_block_social_counter custom_title=”STAY CONNECTED” facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]

POPULAR ARTICLES

「少し愛して、なが〜く愛して」サントリーレッドのCM(1980年)大原麗子

(スマホ版)最初に時間を要します^^ https://dailymotion.com/video/x5efwo1 出典:dailymotionああ、このCMよかったなあ。。 それもそのはず。モデルもさることながら、企画は、当時博報堂のCMプランナーとして活躍していた藤井達朗さん。演出は、あの映画監督の市川崑さんですからあ^^ キャッチフレーズの「すこし愛して、なが~く愛して。」と、「ときどき隣りに、おいといて」これ最高!このCMはいろんなバージョンがありましたね。大原麗子さん、結局、サントリーレッドのCMは、77年から87年。その後、サントリーオールドのCMに88年〜90年と、合わせて13年という、長きに渡ってCMに登場してたようです^^

☆番外編(クラシック)48年(昭和23年)式.タッカー’48(U.S.A./Tucker)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Wr5VgFQ7R20?rel=0] ◎撮影場所 トヨタ博物館 “第2次世界大戦後アメリカの自動車産業ではBig3に対抗すべく数多くの新興メーカーが参入を試みた。中でも有名なひとつがこの「タッカー」であろう。 モダンなボディにヘリコプター用の水平対向エンジンをリアに搭載し、4輪独立懸架や前席には衝突時の安全を守るためダッシュボードに緩衝パッドを設けるなど、安全対策を含む先進的な技術と斬新なデザインで前評判と期待を高めたが、開発資金難や訴訟問題などでアメリカンドリームは果たせず、51台が生産されただけで会社は倒産した。 ” ◎引用:トヨタ博物館表示

79年式、スズキ エポ(EPO)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=2uEtFmKgIgo]◎撮影場所 スズキ歴史館“RG50エンジンを搭載。パワーリードバルブ採用。ミッションは小さなレジャーバイクながら5段式を採用。シルバー塗装のメインパイプをシートレールと兼用させたユニークな形状のクレードルフレームを採用。サイドトランク、バンパーなどの豊富なオプションを設定しました。” ◎引用:スズキ歴史館表示

LATEST REVIEWS

85年式、トヨタMR2(222D)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=7RPR0TgYKvA]◎撮影場所 東京MEGAWEBヒストリーガレージ“FISA(国際自動車スポーツ連盟)が発表した「グループS」構想に沿って開発を進めた、MR2ベースの4WDラリーカー。結局「グループS」構想の立ち消えにより参戦は幻となった。” ◎引用:東京MEGAWEBヒストリーガレージ

54年式、P-1 すばる1500

RECENT COMMENTS

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!