70年式.いすゞ 117クーペ PA90型

昭和・旧車・いすゞ ・117クーペ PA90型

2470

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1968年、高速ツーリングカーとして登場したこの車は、いすゞフローリアンをべ一スに開発され、力ロッツェリア・ギア社(イタリア)のジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたファーストバックスタイルは“走る芸術品”として賞讃された。
日本初の電子制御燃料噴射式DOHCエンジンを搭載、後部専用ヒーター、4人分のシートベルト、ヘッドレスト、木目仕上げの7連メーターが並ぶインストルメント・パネル等の装備が付けられたスタイリング、性能、居住性等の総合的な良さが上級オーナーやマニアに受け入れられた。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Marketed in 1968 as a high-speed touring model, the Florian-based Isuzu 117 Coupe was widely admired as “an artwork on wheels” because of its fastback styling designed by Giorgetto Giugiaro of Carrozzeria Ghia, an Italian studio. The car featured Japan’s first electronic fuel injection-type DOHC engine, a rear heater, seat belts for all four seats, headrests, and a wood-grained instrument panel studded with seven meters, among others. Because of the excellent overall balance in styling, performance, and interior comfort, the car was well received by affluent car owners and motor enthusiasts.
◎Source:TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM