☆番外編(クラシック)31年(昭和6年)式.キャデラック シリーズ452A(U.S.A/GM)

昭和・旧車・クラシックカー・キャデラック シリーズ452A

819

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1930年、キャデラックはV16エンジン搭載車を世界に先がけてデビューさせた。452型と呼ばれるこのエンジンは、7.4リッターの排気量を持ち、油圧タペット付きOHVヘッドを採用して、その出力も165馬力。豪華で重いボディをのせながら強力なパワーを発揮した。年間500台程度の限定生産だったが、キャデラックはこのV16によって速さと力と美しさを備えた、アメリ力No.1のラグジュアリーカーの名声を手に入れることに成功したのである。” ◎引用:wikipedia
Cadillac Series 452A
In 1930, Cadillac introduced the world’s first car equipped with a V16 engine. The engine, called the Series 452 for its 7.4-liter (or 452 cubic inch) displacement, was equipped with an OHV system with hydraulic tappets, and could produce 165 hp to effortlessly thrust the car’s heavy and luxurious frame forward. Although annual production was limited to 500 units or so, the V16 model successfully embodied speed, power, and beauty, establishing Cadillac as the top U.S. luxury car manufacturer.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!