☆番外編(クラシック)37年(昭和12年)式.SS ジャガー100(U.K./Jaguar)

昭和・旧車・クラシックカー・ジャガー・ssジャガー100

1320

◎撮影場所 トヨタ博物館

 “低く精桿なスタイルと、広めのトレッドを包み込むように張り出したウィング状のフェンダーが特徴的なSS100は、戦後ジャガースポーツの基礎を築き上げたばかりか、その後のスポーツカーに大きな影響を与えた。時速100マイルの高性能スポーツカーが、ベントレー3 1/2リッターの1380ポンドの約1/3にあたる395ポンドで買えるとしたら人々がそれを選ぶのは当然のことである。コストとスタイリングと性能をみごとにバランスさせたSS100は、現代のクルマづくりにも通じるものがある。”
◎引用:トヨタ博物館表示

Easily recognizable for its athletic, low-slung styling and wing-like fenders that embrace the tires, the SS 100 not only was the forefather of postwar Jaguar sports models but also had a lasting influence on all sports cars that followed. The high-performance sports car with a top speed of 100 mph cost only 395 pounds, less than one-third the price of the Bentley 3 1/2-Litre (1,380 pounds). For the consumer, the choice was of course clear. The SS 100 offered a splendid balance between affordability, styling, and performance — something modern automobile manufacturers have also been striving to achieve.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!