☆番外編(クラシック)49年(昭和24年)式.フォード カスタム4ドアセダン(U.S.A/Ford)

昭和・旧車・クラシックカー・フォード カスタム4ドアセダン

1409

◎撮影場所 トヨタ博物館

“1948年6月、第2次世界大戦後初のフォード社のニューモデルとして登場。弱冠30歳でフォード社の総帥として新型車開発を指揮したヘンリー・フォード二世と共に、フラッシュサイドの斬新なデザインで当時大きな話題となりました。また、日本へもいち早く持ち込まれ、当時日本に駐留していたアメリカ兵の家族向け新型車として販売。多くの日本人は驚きをもってその新鮮さあふれるニューモデルに見入っていたということです。”
◎引用:トヨタ博物館表示

The Ford Custom 4-Door Sedan debuted in June 1948 as Ford’s first new model after WWⅡ. Developed under the leadership of Henry Ford Ⅱ, who took the helm of the firm at the age of only 30, the car caught the public’s imagination with its novel flush-side styling and saved the struggling company. The car was imported to japan soon after its release to be marketed to the families of American soldiers stationed here. Many Japanese local reportedly marveled at the sight of this striking new model.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!