60年式、ヤマハ SC1

昭和・旧車・バイク・ヤマハ・SC1

935

“ヤマハ発動機初のスクーター。セルダイナモ、トルクコンバータと2段ギアを組み合わせた変速機、シャフトドライブ方式の駆動系、前後輪片持ちサスペンションなど、先進的な技術を数多く投入。国内外のメーカーの参入によってスクーター市場が急速に拡大するなかで、その優れた走行性能と前衛的なデザインは大きな衝撃を与えた。”
◎引用:ヤマハコミュニケーションプラザ

The SC-1 was Yamaha Motor’s first scooter model. It employed many advanced technologies at the time like an electric starter/dynamo, a transmission that combined the torque converter and transmission with two gears, a shaft-drive type drivetrain and single-sided suspensions for the front and rear wheels. With the Japanese scooter market seeing rapid expansion as domestic and overseas makers entered the scene, the SC-1’s excellent running performance and avante-garde design excited the era’s fans.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!