☆番外編(クラシック)47年(昭和22年)式.ホンダ A型(50cc)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=HZnmmNniD2I]◎撮影場所 ホンダコレクションホール“初めてホンダの名で製品化した自転車用補助エンジン。市販の自転車に簡単に取り付けられ、1951年まで継続生産されたロングセラー。” ◎引用:ホンダコレクションホール HONDA Model A Produced in 1947, this bicycle engine was the first product to bear the Honda name. Easily mounted to bicycles, it was...

スタイリースタイリー♪のCM

https://dailymotion.com/video/x5disxu 出典:dailymotion1977年版 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=-KlzbL7N3RE] 出典:youtubeよくわからないCMでした^^ 健康器具のCMなんでしょうが、印象に残っているのは、外人さんの、片言の日本語で、 「アメリカで生まれたスタイリー、 私に電話してください、どうぞよろしく〜」 でしたね〜^^ でも、印象に残ってるということは、良いCMだったんでしょうね!^^スタイリーについての面白い記述がありました^^ こちらです→『おたくの魂100までも』さんの投稿 スタイリースタイリー スタイリースタイリー♪

兼高かおる世界の旅(1959年12月〜1990年9月)

日曜日の朝、この番組を見ることが習慣でしたー。 30年間も放映された番組でした。 兼高かおるさん、今でもずっと動いてらっしゃるのかなあ? ジャーナリストとして、アクティブでとても美しい方でしたよね〜。 女性として世界で初めて南極点に到達したことでも有名な方でした!“ジャーナリストの兼高かおるがディレクター、プロデューサー、レポーター、ナレーター、そして時にはカメラマンすべてを兼ね、世界各地160か国を取材した映像を放送していた。 放送開始当初のタイトルは『兼高かおる世界飛び歩き』( - とびあるき)だったが、1960年6月19日放送分をもって一旦中断し、同年9月20日放送分から放送を再開し、『兼高かおる世界の旅』に改題した。放送回数は『世界飛び歩き』を含めて、1586回。全行程は721万kmであり、地球を180周した計算になる。 単に映像を放映するだけではなく、ナレーションとして、兼高が芥川隆行に旅行の状況を語る。ただし『世界飛び歩き』時代は、芥川でなく別のTBSアナウンサーが、紹介する国の概要などをナレーションするなどその都度間に入り、それとは別に、兼高は旅先であったことなどの詳細をナレーションするという形で番組は進行していった。ちなみに、兼高のナレーション参加は番組開始当初から一貫して行われていた。「世界の旅」に鞍替えしてからも同様の構成で、特に変更は無かった。しかし、途中から落合と簡単な会話をしつつ番組が進行するという形に変化していった。そして、(再放送等で確認できる限りにおいて)42回目ごろには担当が芥川に変わり、両者の会話も非常に活発になって兼高自身も生き生きと語るようになり、この形式が、番組終了まで続いた。” ◎引用:wikipedia

和文タイプライター

映画 ロッキー3(日本公開1982年)

ロッキー3、大好き!、ロッキーシリーズは全て見た。という方も相当いらっしゃるでしょうね!全部見たくなりますね! 私も全部見ました。その中で、ロッキー3は1番見たかなあ。『Eye of the Tiger』主題歌もすごくいいですね!ストーリー “ 宿敵アポロ・クリードとの凄絶なリターンマッチに勝利したロッキー・バルボアは、プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンとして快進撃を続け、10度もの防衛に成功。その人気は国民的なものとなり、新聞や雑誌、TVCMに頻繁に出演し、満員の大観衆の中でプロレスの世界ヘビー級王者“サンダー・リップス”とチャリティー異種格闘技戦を行うなど、その存在はまさに時代の寵児となっていた。私生活でも巨万の富を得て、フィラデルフィアの豪邸で妻エイドリアンと息子と三人で何不自由ない生活を送り、ロッキーは今まさに幸せの絶頂にあった。 フィラデルフィア美術館に自身のブロンズ像が設置された日、除幕式の席上でロッキーは現役引退を発表する。会場でそれを聞いた世界ランキング1位の新進気鋭クラバー・ラングは、「ロッキーは弱い選手と戦ってばかりで自分から逃げている、世界1位の俺と戦え」と侮辱的な言葉で挑戦状を叩きつける。激昂して挑戦を受けようとするロッキーに対し、ミッキーは「クラバーの言う通り弱い選手と防衛戦を組んでいた」「クラバーは強い、お前に勝ち目はない」「どうしてもやるなら俺はトレーナーを降りる」と言い放った。 トレーナーを降りたがるミッキーを説得し、現役最後の試合としてクラバー戦に臨むロッキー。しかし試合直前、ミッキーは控室で持病の心臓発作を起こし重体に陥る。そしてロッキーは、ミッキーのアドバイスを実践できないままわずか2ラウンドでクラバーの強打にKOされ、心身ともに打ちのめされて帰ってきたロッキーの目の前でミッキーは息を引き取った。 失意のどん底に沈み、ミッキーと共にトレーニングを積んだジムを訪れたロッキーの前に、かつての宿敵アポロが現れる。「お前が負けたのはハングリー精神を失ったからだ」「俺と戦った時のお前は“虎の眼”をしていた」そう言ってロッキーのトレーナーを買って出たアポロは、ロッキーとエイドリアンらを自らの故郷カリフォルニアに連れて行き、ロッキーの精神とボクシングスタイルの改造に取り組み始める。 敗戦のショックと、ミッキーが残した「弱い相手とマッチメイクしてお前を守ろうとした」の言葉で自信を喪失し、練習に身が入らないロッキーだったが、エイドリアンから「現実に目を向けて!」と激励を受ける事で立ち直り、ハードトレーニングの末に闘争心を取り戻し、新しいファイトスタイルを手に入れる。そしてマディソン・スクエア・ガーデンで挑戦者として臨んだ王者クラバーとのリターンマッチ。アポロは友情の証に、かつて自分が身に着けていた物と同じ「星条旗柄のトランクス」をロッキーに手渡し、リングに送り出す。そしてゴング。かつてとは見違えるような引き締まった身体と軽快なフットワークで翻弄するロッキーを、若さと勢いで追い詰めてゆくクラバー。猛攻に晒されながら執拗に挑発を続けるロッキーはやがて反撃に転じ、壮絶な打ち合いの末ついにクラバーをマットに沈め、チャンピオンへと返り咲いた。 試合後、誰もいないジムの中にロッキーとアポロの姿があった。アポロがロッキーを鍛え直したもう1つの目的は、ロッキーに昔の自分を取り戻させ、その上でかつての敗戦の雪辱を果たすことだった。そして、観客が一人もなくゴングすらないリングの上で、親友同士二人だけのリターンマッチが始まった。 ” ◎引用:wikipedia(主題歌)サバイバー『アイ・オブ・ザ・タイガー』 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=btPJPFnesV4]出典:youtube SurvivorVEVO

an.an(アンアン)とnon-no(ノンノ)

https://dailymotion.com/video/x5hmz2o 出典:dailymotionこの動画に写ってる本は73年、74年発行のan.anとnon-noです。an.anは、平凡出版社(現マガジンハウス)が70年に創刊。non-noは、集英社が71年に創刊。まあ女性版の “平凡パンチ”と “週刊プレイボーイ”といったところのようですが、モデルが美しいし、見てて心地良いから、男子も見てました。^^ an・annon-no

☆番外編(クラシック)38年(昭和13年)式.プジョー402 (France/Peugeot)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=OfTNgy9wfDA]◎撮影場所 トヨタ博物館 “戦前のフランスを代表する高級実用車。大量生産車に大胆な流線型を採用して成功した初のヨーロッパ車。湾曲した大きなフロントグリルの中にヘッドランプをしまい込んだデザインが特徴で、曲線を描くバンパーや、ボディーに沿う黄色のラインがエレガントさを醸し出しています。プジョーのシンボルであるライオンが、ラジエーター・グリルの上や、リヤ・タイヤカバーにもデザインされています。実用面ではサイドステップが無いため、ボディー幅を広げて室内を広くしたことが特徴です。402系のコンバーチブルやディタッチャブルトップモデルは、「コンクール・デレガンス(女性とファッションと車のエレガンスを見せるコンクール)」に出展されるほど優美でした。” ◎引用:トヨタ博物館表示 Peugeot 402 A high-end practical vehicle symbolic of pre WWⅡ France, the Peugeot 402 was the first European car that successfully adopted streamlined styling.The...

55年式、ホンダベンリイJB

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=AOo-pSR7_Uc?rel=0&controls=0&showinfo=0]◎撮影場所 ホンダコレクションホール “法規改正で免許証のいらなかった原付バイクの排気量が拡大されて誕生したモデル。ベンリイ初の125ccでヘッドライト部にカバーがつき、スマートになった。” ◎引用:ホンダコレクションホール表示 HONDA BENLY JB The Benly JB was created to take advantage of revisions to the driving laws which eliminated the need for licenses for...

☆番外編(クラシック)35年(昭和10年)式、東京自動車製造 筑波号

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=8Bp1mt7NPAo] ◎撮影場所 トヨタ博物館 “国産初の前輪駆動車は、オートレースで活躍した川真田和汪氏が1931年に製作した「ローランド号」といわれている。その改良発展型である「筑波号」は、1935年から3年間、東京自動車製造(株)により、3車種(セダン、幌型、トラック)がおよそ130台生産された。なお、車名は関東の筑波山に由来している。” ◎引用:トヨタ博物館表示

68年式、日産スカイラインバン(VC10S)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=SjW68eQMUF4]◎撮影場所 日産ヘリテージコレクション3代目となるスカイライン(C10型)は、1968年(昭和43年)に誕生しました。ボクシーなスタイリングから後に「ハコスカ」の愛称で親しまれ、1969(昭和44)年にはこの世代を象徴する初代「2000GT-R」 がデビューします。C10型の初期は4ドアセダン(C10型)、エステート(WC10型)とバン(VC10型)がラインナップ。セダンと同様にサイドの特徴的な「サーフィンライン」があしらわれ、セダンの雰囲気をもつスタイリッシュな商用車として好評でした。搭載されたエンジンは、先代のスカイライン1500から引き継がれたプリンスの系譜のG15型です。1500ccの直列4気筒SOHCは最高出力88馬力を発揮。1969年(昭和44年)には1800ccのG18型エンジンも追加されました。サスペンションは、フロントにスペース効率に優れたストラット式、リヤにはリヤは耐荷重性に優れるリジッドアクスル式が採用されました。
[td_block_social_counter facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]

Most Popular

60年式.BMWイセッタ(Germany/BMW)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Z0Vu5XxTHdM] ◎撮影場所 東京MEGAWEBヒストリーガレージ “第二次世界大戦で工場などの多くを失い倒産寸前の状態にあったドイツのBMWが、イタリアのイソ社とライセンス生産契約を結び、独自の改良を加えて販売。ドアはフロントの一枚だけの二人乗りで、三輪と四輪のモデルが製作された。ガラス部分が大きく、シャボン玉に似た丸いカタチから「バブルカー」の愛称で親しまれたユニークなクルマ。” ◎引用:東京MEGAWEBヒストリーガレージ

70年式、ホンダ NⅢ360

Latest reviews

67年式、ニッサン・プリンス スカイライン 2000GT-B S54型

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=uVFdGvJ_tKU]◎撮影場所 トヨタ博物館“1960年代、高まりを見せたモータースポーツ熱を背景にプリンス自動車がスカイラインGTを開発。 1965年に発売された2000GT-Bは、これまでのGTをベースに量産、市販化したもので、3連式のキャブレターでチューンされたエンジンとスポーティなステアリング・ホイール、メーター類などの装備を持つスポーツセダンとして人気を博した。 GT-Bの名称は、同年9月廉価版のGT-Aの登場により改められたもの。なお、1966年の日産自動車との合併から1968年まで、スカイラインの車名にプリンス名を残した。” ◉引用:トヨタ博物館表示 Nissan Prince Skyline "2000GT-B" Model S54 Amid the growing boom in motor sports in the 1960s, Prince Motor Company developed the Skyline GT series....

忍者ハットリくん(1966年4月〜)

ハットリくん、人と被り物のコラボで不思議な魅力を感じたなあ。 ハットリくんが忍者の里、伊賀から東京に出てきて、三葉家に居候することになり、いろいろな騒動を起こす物語。 強く記憶に残ってるのは、ハットリくんがさんまに目が無いってこと。 あと、はなおかじった先生の名前が耳から離れ無い、、 とても興奮してみてましたね〜^^忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」 https://dailymotion.com/video/x8zg51 「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」 https://dailymotion.com/video/x9ijwa

58年式、ホンダ スーパーカブ C100

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=rlKsIv73yU0]◎撮影場所 ホンダコレクションホール4サイクルの耐久性・低燃費と扱いやすさで、誕生から60年近く経た現在でもなお世界各国で生産・愛用され続けているスーパーカブの初代モデル。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!